FC2ブログ

「邦舞のつどい」に出演しました

昨日の台風の被害が刻々と報じられる中、この地方は雲一つない青空で心配した被害もなく、被災地には申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

「邦舞のつどい」があると言う事で、早目の朝食をすませて美容院へ行きました。
踊りの仲間が結ってくれる髪は、いつも確りとしたアップに結ってくれます。

美容院から帰って、着物を着てリハーサルに間に合うように会場へ向かいました。

リハーサルの前に控室で1回練習をしてから臨みましたが、久しぶりの舞台の上で手足が震えて、間違えてしまいました。
先生に3か所悪いところがあったと指摘を受け、本番までに直すように言われました。

午後、素敵な舞台用の衣装を着付けてもらい、帯もきりりと結び、気も引き締まって舞台に臨みました。

思ったよりしっかりと踊れました。

終わってホールに出ると、いつもビデオを撮ってくれるいもこさんがご主人といらっしゃってくれたのに出くわしました。
「とても素敵だった」との言葉に、ビデオを見るのが楽しみになりました。
帰ってからすぐにアップして下さるとの事で、何となくわくわくした気持ちになりました。(博多恋しぐれ

全てが終わって玄関ホールに向かうと、帰ろうとしている人々の中に顔見知りの方多数いらっしゃって、「良かったよ、素敵だったよ」と、声をかけてくださいました。

見に来てくださった方、本当にありがとうございました。







病院へ行ってきました

昨日はバタバタして家に帰って、提出しなくてはいけない入院時の書類を書こうと思って、荷物の中を見ましたがありません。

車の中に忘れたのかと見に行きましたが見つかりません。
主人に確認に行ってもらいましたが無いとの事で、施設と病院へ電話をしましたが見つかりませんでした。

明日、病院へ行って探してみようと探すのを諦めました。

今日は午後から風雨が強くなるとのニュースで、病院へ行くのはやめようか、でも、持って行くものがあるので行かなくては・・・
そんな時、病院から電話がかかってきました。

母の退院の事について、昨日、看護師さんに「できるなら誕生日を施設で迎えさせてやりたい」と言うと、先生に頼んであげるといってくださいました。
その看護師さんからで、「先生に直接頼まれたほうが良いから、先生とお話できる時間を設けたので、15日に来てください」との事でした。

ついでに書類のことを言うと、「昨日は1人でバタバタと大変だったから、書類もどこかに紛れ込んじゃったのね」と再度用意しておくとおっしゃっていただけました。

嬉しくて、行きたくない気持ちは何処へやら、「今日、行くのでよろしく」と言ってしまいました。
「台風の影響があるので、気を付けてきてくださいね」と、優しい言葉が返ってきました。

病院へ行くと看護師さんが書類を用意し、丁寧に説明して下さったので、家で書くことを思ったら何枚もの書類をスムーズに書くことができました。

そして、書いている間に先生と連絡を取って下さったのか、「今日、時間があれば先生とのお話の時間を設けてもよいけど・・」と仰っていただけました。

15日に態々来なくても、今日、済ませてはとの心遣いです。
そして、「先生にしっかり頼むのよ」と言いながら、「お母さんも一緒に連れて行った方が良いね」と、母が年齢より確りして居る所を先生に見て貰おうとの配慮でした。

母は談話室兼食堂で車いすに座って、昨日、持って来ても良いと言われた編み物の道具を、施設から持って来て部屋に置いてあったので編んでいました。

温厚そうな先生にお会いして希望を強く述べると、「誕生日は24日ですか?本当なら13日は入院して貰うのですが、確りして居らっしゃるようだし、食事も食べられ、トイレも大丈夫のようだから、いつ帰ってもらってもいいよ」と言ってくださいました。

第一と第二腰椎の圧迫骨折で、この年齢だと腰かけただけでも起きる状態で、尻餅をついたのだと、何処かの骨が折れるのだけど、母は骨が強いから骨折しなかったとおっしゃいました。

いつ帰ってもいいよの言葉にびっくりしましたが、今、痛みがなくても又、痛くなるかもしれないとの言葉に、やはり1週間は様子を見た方が良いと思い、「退院の日時は施設と相談して決めてください」と言われたので、「1週間頃に退院するように相談します」と言いました。

心配してついてきてくれた主人に感謝しながら帰ってきました。






母が入院しました

今朝ほどは、疲れが出て起き上がる事が出来なくてゆっくり寝ていました。
娘からの電話で吃驚して目が覚め、起きて食事をしました。

遅い朝食が済んで片づけをしていたら、母の施設から電話がかかりました。
「朝、何時頃かわかりませんが、洗面所の前で尻餅をつかれて、今、痛いと言って食事もされないので病院へ連れて行ってもよいですか?」との事でした。

行かなくても良いか聞くと、取り敢えず看護師さんが連れて行ってくれるから良いとの事でお願いをしました。
普通の車では痛くて乗れないから介護タクシーを頼んでも良いか、片道9,000円かかるそうですとも言われました。
多分、入院と言う事になるだろうと、私も準備だけしました。

矢張り、11時過ぎに保険証等がいるとの電話がかかってきたので、出かけて行きました。
診察が終わって、入院と言う事で病室に案内されました。

母は眠っていたので、その間に入院時の説明を受け、持ってくるものを施設まで取りに行きました。
施設の方も当分帰って来られないから、洗濯物や冷蔵庫の中の整理をしました。
t_20191011223452bad.jpg
今はアメニティ用品がレンタルで借りられるようになって、手ぶらで入院ができるのです。
でも、料金は1日幾らと使っても使わなくてもかかってきます。

母は拘りの人で、パジャマも介護パンツやパットは自分のものでなくてはいけない人です。
借りれば簡単ですが、全て施設から持っていきました。

忘れ物がないように、部屋中を見回してこまごましたものも見落とさないように袋に詰めて、サンタクロースのように両手にいっぱいの荷物を何回か運びました。

それでも、後からコルセットがいるとか、下着がいるとか、介護パンツは余分に持ってきておいてとか、夜用のパッドがいるとか・・・
シャンプー・リンス・ボディソープや介護手袋まで、買いに行かなくてはいけません。

家に帰ったのが5時、昼食抜きでとても疲れていたので、バタンキューと倒れこんでしまいました。




太極拳・母の所・踊りの練習

今日の1日の予定を見て、夜の踊りが発表会前の最後の練習なので頑張っていかなくてはいけない。

太極拳は私にとってはハードなので、今日は手抜きして休み休みやろうと思っていたのに・・・
流れから、ついつられて前半を頑張ってやってしまった。
後半を休んでいたけど、かなり疲れてしまった。

昼食後、少し休んでパソコン同好会に立ち寄ってから母のところへ行きました。
電気もつけないで編み物をやっていたので、「暗い所でやっていると目が悪くなるよ」と言って、電気をつけて入っていきました。

親子逆転、良く注意されたっけ。

この間、デイサービスに行った所で、便を少し漏らしたそうです。
トイレで自分で始末していたら、ズボンを汚してしまったので、ズボンを借りて履き替えたそうです。
その為にコーヒーを飲みに行ってはいけないといわれて、飲みにつれて行ってもらえなかったと不満をもらしました。

1週間に1回のコーヒーが飲めなかったから、さぞかし残念だったのでしょう。
預かった所としては、高齢な母に何かあってはいけないから仕方がなかったのでしょう。

お土産に洗濯物を持って帰り、ベッド脇に置いてあったら、施設のスタッフの方が見つけて、「私が洗ってもいいですか?」と言って、もっていって洗ってくれたそうです。
k_20191010233057dca.jpg
母にしてみたら汚れたズボン、私に渡すつもりで置いてあったのでしょう。

気を利かして、洗ってくれたスタッフに感謝です。

また、兄が私に気を使って北海道のお菓子が置いてありました。
頂いて帰ってきました。



帰路の堤防から見た空から降り注ぐ光が、何とも言えない神々しかったのでカメラに収めました。

k-1_20191010233058b98.jpg




夜の踊りの練習は、先生が私の疲れを見抜かれたのか、あっさりと少ない回数で終わりました。

でも、中身はとても濃いもので、ほんの少しの注意で、形がよくなるのがわかりました。
果たして、その注意をどれだけ体が覚えていてくれて踊れるか・・・






せせらぎの会で「河川環境楽園・アクア・トトぎふ」へ

今日は付き添いボランティアとして各務原市にある「河川環境楽園・アクア・トトぎふ」へ行ってきました。

久しぶりの真っ青な青空で、総勢16名が市のバスに乗っての小旅行です。
私はAちゃんの担当でしたが、1人では心配だったので、もう1人のボランティアの方と一緒に回ることにしていただきました。

Aちゃんは体が大きく、時々めまいを起こすので車いすも用意してありました。
入場してからエレベーターに乗って4階まで行ったのですが、エレベーターがいけなかったのか降りてから暫く歩いた所で立ち止まってしまいました。

矢張りめまいを起こしたのでしょうか、車いすに乗ってもらいました。
アシカのショーは見たいと言うので、4階から1階まで急いでおりましたが、途中、Aちゃんは車いすではなく歩くというので、ゆっくり歩いて行ったので、ぎりぎりでショーの時間に間に合いました。

10_2019100923011788c.jpg


館内で食事もし、見学、買い物等、ゆっくり過ごす事が出来、利用者さんも満足して、無事に帰る事が出来ました。

流石の私も家に帰ると横になり、夕方まで眠ってしまいました。


今日も、踊りの練習がありました。
疲れた体に鞭打って行ってきましたが、まだまだ先生には気に入らない所が一杯あって、色々注意されましたが、すぐには直す事が出来ないし、今更、付け刃のようにはいきません。

最後に、先生から後姿が良くなったと言われ、1つでもよいところを褒められて気分良く帰ってきました。



健康に気を付けよう

今日は筋トレとS病院のボランティアに行ってきました。

筋トレの会場へ市の職員の方がいらっしゃって11月4日に行われる「ぎふ市民健康まつり」の説明をされましたが、私は市が違いますが、今はどこの市町村でも健康の行事に力を入れていらっしゃいます。

「2025年問題」を抱えた政府の方針からなのか、特に高齢者の健康には力を入れています。

「2025年問題」とは、
団塊の世代が2025年頃までに後期高齢者(75歳以上)に達する事により、介護・医療費などの社会保障費の急増が懸念されている問題です。
これまで国を支えてきた団塊の世代が給付を受ける側に回るため、医療費、社会保障やその他の課題にどう取り組んでいくかが大きな問題となることが指摘されています

認知症予防、ロコモ予防等、健康で長生き出来るようにと色々な取り組みをされています。
お陰で元気な年寄りが多くなり、平均寿命も延びています。

その反面、若い世代にはどうなんでしょうか?
結婚しない、出来ない人が増え、少子化に歯止めがかかりません。

今まで4人で支えていた年寄りを1人で支えなくてはなりません。

最近、何処へ行っても年寄りが多いです。(私もその仲間ですけど・・)
観光地、デパート、喫茶店等、元気な年寄りが目立ちます。

今、若い働き盛りの年代で引きこもりやニートが増えているといいます。
今日の空模様のように、暗雲が立ち込めています。
私1人が憂いても仕方がありません。
せめて周りに迷惑をかけないように、むやみに医者にかかったり薬をもらったりと税金の無駄遣いをしないように、健康には気を付けていきたいと思っています。



お天気、10月というのに

この所、朝は23度くらいで肌寒くて半そでではいられません。
それが、日中は30度くらいになって汗ばんできます。

でも、今日は朝から温度がそんなに上がらなくて、そろそろ長袖の季節になるのかなーと思い、衣装の入れ替えをしました。
半そでの服は全部片づけるわけにはいかないので半分片づけて、長袖の服とズボンを出しました。

今週末からの3連休に大型の台風がやってくるとの報道があって、これも心配です。
13日には踊りの発表会です。
雨の日に着物を着て出かけるのは少々難儀です。
台風が来ても「邦舞のつどい」をやるのかなー。

台風は来てほしくないけど、踊りの会が中止になったらいいなーと思いながら、今日も夜は踊りの練習に出かけました。

何とか様になってきたようで、先生の注意も少なくなりました。ホッツ!

着物も先生の所の着物を借りてきました。
扇子も自分の持っている中から選んでもらいました。
水・木と練習したら本番です。

最近、足元がふらつくようになったので、後は転ばないように、間違えないように踊るだけです。
久しぶりの舞台なので緊張すると思うけど、見に来てくださる方がいらっしゃるので頑張らねばと思っています。

台風去って、お天気になーれ。




岐阜市美術展を見に

今朝は以前から気になっていたガス台の掃除を始めたら、動かせないのと汚れとで手間がかかってしまいました。

主人が管理してくれていたので、周りに囲いを作ってあって動かせなくて、汚れたままでした。
何とか少しずつずらして、油汚れを落とし、アルミ箔を張っておきました。

ピカピカにきれいになったので(見えるところと手の届く所だけ)気分がすっきりしました。


午後から岐阜市の市展を見に行くつもりでいたのが、我が団地も今日はお祭りの神輿が出ると言うので、ご祝儀を渡してから、少し遅くなったけど、2時に出かけました。

岐阜市も信長まつりが行われたのか多くの人が出ていました。

市展の会場は岐阜文化センターだったので、金神社の近くに駐車して行きましたが、周辺はお店などが出て賑わっていました。
金神社もお参りに行ったことがなく、初めて行ってきました。

人込みは苦手なので早々に帰ってきましたが、矢張り疲れました。

でも、露店や紙芝居、路上ライブ、公園での子供の遊び、仮装した若者等々に触れて、少し若返った気分になりました。


collage_20191006221300ad6.jpg




 |   |  次のページ»»